人気ブログランキングへ

2009年09月27日

胎教に良いと聞き…

胎教にジャズが良いと聞きました。

複雑な音楽なのに、スムースに入ってくるからでしょうね。


でも、こてこてのスロージャズは苦手です。


そこで、車の中でいつもかけてるのが、

fourplayの曲です。

車のオーディオが純正ですが素晴らしくよいので、この手の音楽には最適です。

さすがレクサス。

実にクリアで重厚感のあるサウンドです。


しかし、一流のプレイヤーが集まったバンドだけに、

これは間違いなく胎教にイイ!と思わせてくれる音楽です。

嫁もこの手のジャンルが大好きなので、喜んで聴いてました。


実にハイセンスな、都会的なジャズです。


その中でもよくかけるのが、『Elixir』です。

Elixir


ドライブにも最高な音楽です。

posted by 岩っさん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

和尚の弟子

サトリアーニ和尚にギター教わったギタリスト、多いですよね。

ヴァイにカークハメット…そんな中で僕が好きなのは、

アレックス・スコルニックです。

テスタメントのギタリストです。


テスタメント辞めた後はジャズ方面にいってましたよね。

その方向性が示すように、結構なテクニシャンです。


ベイエリアNo1って感じなんですかね。


アイバニーズのアレックスモデルもなんかカッコよかったし。


音的に成熟しているという意味で、

アレックスが復帰した初期リメイクアルバムの

『First Strike Still Deadly』が良いかと。

音の迫力が全然違いますもんね。


私はスラッシュメタルをそこまで愛聴する方ではないのですが、

こんななら、カッコいいですよね。バンドもうまいし。

ファースト・ストライク・スティル・デッドリー



posted by 岩っさん at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

ギターソロがなくても…

若かりし頃の僕は、ギターソロのないバンドを忌み嫌っていました。

ところが、大人になるとそんなこだわりが無意味に思えてきました。


演奏がタイトで、曲がカッコよければ、それでいいのだ…

と思えるようになってきました。

自分がギターを手にする頻度が減ってきたというのもあると思います。


そんな風に思えるきっかけとなったのが、

フーバスタンクです。


初期のライブでは、粗さが目立ったり、歌えてなかったり、

イマイチなところがありましたが、

さすがに何年も世界中を飛び回ると鍛えられるんですね。

最近のライブパフォーマンスは、クオリティが高いです。


CDでは当然1stからタイトな音をしてますので、

『最近のアメリカのメタルも捨てたもんじゃないな…』

などと思ったものです。随分前のことですがね…


一番好きなCDは、1stの『Hoobastank』です。


『crowing in the dark』が何故だか、好きで好きで…

2ndも大ブレイクしたきっかけのCDなので、当然カッコいいですが、

個人的には、やっぱり1stですね…


フーバスタンク


ヴォーカルのダグラス・ロブが日系人ってのも、親しみわきますし。


posted by 岩っさん at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ クリックお願いします!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。